茶道具用語集

聞き慣れない名前の道具も多い茶道具。写真と一緒にその名前、用途をご紹介します。  ⇒茶道用語集はこちら



裏千家茶道教室・懐紙

懐紙(かいし)

お菓子をのせる時に使い、使い終わった懐紙は折りたたんで持ち帰ります。男性用は女性用より一回り大きいサイズです。最近では可愛い絵柄のものも売られていますが、茶事では白いものを使うと良いでしょう。

裏千家茶道教室・懐紙入れ

懐紙入れ(かいしいれ)

お稽古や茶席において必要な懐紙や菓子切りなどの小物を一まとめに入れて携帯する為の袋。袱紗挟み(ふくさばさみ)とも言います。




裏千家茶道教室・菓子器

菓子器(かしき)

お茶事で出る生菓子、干菓子などの菓子類を盛るうつわ。陶器や漆塗りなど素材は様々です。盛るお菓子に合わせて縁高や干菓子器、振出など形にも様々な種類があります。

裏千家茶道教室・菓子切り

菓子切り(かしきり)

お菓子をいただく時に使うもので、金属、木製など素材は様々です。菓子切り入れに入れて持ち運び、お茶席に入る前には菓子切り入れから出して中身だけ懐にはさんでおきます。




裏千家茶道教室・黒文字

黒文字(くろもじ)

菓子切りの一つ。元はクロモジという木の枝を使ったことに由来する名前ですが、今では木製の菓子切りを総称して黒文字と言います。

裏千家茶道教室・建水

建水(けんすい)

お点前中に使ったお湯や水をあける容器。




裏千家茶道教室・扇子

扇子(せんす)

あおぐためではなく、儀礼的な道具として使います。扇子も男性用は女性物より一回り大きいサイズになります。

裏千家茶道教室・茶杓

茶杓(ちゃしゃく)

抹茶をすくうさじ。素材は竹で作られることが多く節の位置によって真ん中に節のある「中節」、下端(持ち手の方)に節のある「元節」などがあります。




裏千家茶道教室・茶筅

茶筅(ちゃせん)

茶碗に入れられた抹茶にお湯をそそぎ、泡立てるための竹製の道具。

裏千家茶道教室・茶碗

茶碗(ちゃわん)

お茶をいただくための器。産地や釉薬、作家などによって細かく分類することができます。一般的に濃茶には大振りで厚めのもの、薄茶には小ぶりのものを用います。




裏千家茶道教室・棗

棗(なつめ)

抹茶を入れる容器の一種で、形が植物の「なつめ」の実に似ていることからついた名前です。

裏千家茶道教室・柄杓

柄杓(ひしゃく)

お湯や水をすくうための道具。主に竹製です。




裏千家茶道教室・袱紗

袱紗(ふくさ)

お点前中に使うもので、茶道具をぬぐい清める時に使います。亭主側の印ともなります。男性は紫、女性は朱色の物を使用します。「帛紗」とも書きます。

裏千家茶道教室・水挿し

水挿し(みずさし)

窯の水を補ったり、茶碗や茶筅などをゆすぐための水を入れておきます。陶器製の物が主流ですが、漆物、金属製の物などもあります。