つまみ細工アクセサリーレッスン


つまみ細工教室


日本の伝統工芸「つまみ細工」で作るアクセサリーレッスン

つまみ細工とは、
日本に昔から伝わる技法で、小さな正方形の薄絹を折り畳み、
色とりどりに組み合わせることによって様々な形を作る伝統工芸です。

和装の髪飾りのイメージが強い「つまみ細工」ですが、
ワノコトのワークショップでは、大人の女性が普段使いもできるような、
上品でスタイリッシュなデザインのアクセサリーを作ります。

>>このレッスンは、日本橋スタジオでも開講がございます。日本橋スタジオのレッスン内容はこちら



つまみ細工アクセサリーレッスンについて

つまみ細工教室


12月テーマ

羽二重で作る鶴のアクセサリー

12月レッスン内容

羽二重を用いて縁起の良い席には欠かせない、鶴モチーフのアクセサリーを作ります。基本の「丸つまみ」と「剣つまみ」、さらに応用の2種類の「丸つまみ」を学びながら羽二重のつまみ心地をお楽しみ下さい。
仕様は、ブローチピンか根付けの2種類よりお好きな方をお選び頂けます。




スケジュール ⇒ スケジュールはこちら
受講料 チケット1枚(1回チケットは¥3,500+税、その他チケットについてはこちら
※当日のキャンセルは、キャンセル料が発生いたします。
材料費

12月テーマ:1,500円(+税)

備考

このレッスンは最小催行人数3名とさせて頂きます。

講師

栗原 宏予先生

 


講師紹介


つまみ細工アクセサリーレッスン講師 栗原宏予

針も糸もボンドも使わない、昔から伝わる方法でお伝えする「つまみ細工」
昔からの技法を守りながら、現代的で新しいデザインを意識して制作しています。

和装の髪飾りのイメージが強いつまみ細工ですが、
普段使いから、洋装、インテリアにも、
つまみ細工の繊細で美しい世界を取り入れて、
皆様に楽しんでいただけるような心がけをしています。


大学卒業後、生花店に勤務
その後、イギリスに渡りヨーロピアンフラワーデザインを学ぶ
2014年 「つまみ細工 すずまち」として制作販売を開始
現在は、国内外へ日本の伝統技法を発信しながら制作を続ける
また、講師を続ける傍ら、後進の育成にも力を注ぐ





講師作品

水引

水引

水引